【三次市十日市中】ここににしかない味とんかつ和佳葉|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市十日市中】ここににしかない味とんかつ和佳葉

【三次市十日市中】ここににしかない味とんかつ和佳葉

Pocket

Pocket

とんかつ和佳葉

住所/三次市十日市中3-3-8  電話番号/0824-62-0472

三次市十日市中の地元の人たちにとって馴染みの深い通りに店を構える「とんかつ和佳葉」。1982年の創業以来、市内や県外の方まで、たくさんの人に愛されるとんかつ専門店です。創業者である先代若林昭文さんと、大阪からUターンをし、県外での経験を活かしてお店を盛り上げようと厨房に立つ2代目の若林友博さん、そしてその二人とお店を支え続ける奥さんが、材料や調理法、味付けの細部までこだわっった昔から変わらない味を守り続けています。とんかつの食べ方は、ソースやマスタードだけでなく、珍しいあんかけも人気メニューでリピーターの心を掴んでいます。

初代 若林昭文さん

創業当時、三次市には居酒屋が流行っていた中、先代の昭文さんは「食事をするお店をしたい」という強い思いで他店との差別化にも力を入れてこられたそう。そしてとんかつの専門店として、飽きの来ないよう、お客様が選べる味わいのレパートリーを充実させてこられた工夫が、どれも食べたくなるほど、様々なバリエーションを楽しめるメニューに表れています。

とんかつを食べる時、お客様が最初に味わうのは「衣」。

創業当時は生パン粉を使用しているお店がほとんどなく、仕入れをできる業者も無かったたそう。しかし、とんかつの一口目は妥協はできないということで、近所のパン屋さんから食パンを仕入れ、細かさや保管と消費のサイクルまで計算された自社製造で、最高の一口目になるパン粉を使われています。これは創業当時から今も変わらず守られていて、揚げたてのサクサクっとした口当たりが和佳葉の人気の一つです。

選べる味わい、創業から継ぎ足し作られているソース

とんかつを食べる時は、オリジナルとんかつソースと、みそだれ、そしてマスタードを選ぶことができます。どれも卓上にあるので、その日の気分によって、味や量を変えることができ、お客様好みに食べてもらうことでとんかつは完成します。オリジナルとんかつソースは、創業当時から今も継ぎ足し作られ続けている、伝統の味。そしてみそだれは、名古屋のような砂糖の甘さではなく、砂糖を使わずに甘さを出した、しつこくない味です。

そしてソース、みそダレときたら醤油味が欲しくなるという、初代発案から生まれた「あんかけカツ」は、和佳葉にしかない名物メニュー。見た目の濃厚さのイメージとは裏腹に、サッパリと感じるほどの軽さに不思議とはまります。完食しても胃が重く感じないところが、女性やリピーター達の心を掴んでいます。

和佳葉のヒレカツは、ブロックを丸ごと揚げてから切るという、他店にはなかなか無い調理法を取り入れています。肉厚で柔らかいお肉の断面は食欲をそそられます。

 

とんかつと一緒に食べる野菜やお米、全てに自信あり

とんかつに添えてあるキャベツは、他店にはないザク切り。野菜農家であるオーナーの自信が表れています。そして添えてあるマカロニサラダも、とんかつ専門店では珍しい組み合わせ。手作りのドレッシングも合わせ、オーナー自らが「美味しい」と思えるものを出しているという自信がお店の個性となっています。

定食についているお米は三次産のこしひかり。仕入れと消費のペース保管の温度や湿度まで全てを管理され、お客様が食べる時に一番美味しい状態にするという細かな計算と気配りで長年のお店の良質を保ち続けられています。

お味噌汁の出汁はなんと豚から!仕入れた豚肉は捨てることなく使いきるという食品ロスへの配慮もされていて、このこだわりが、とんかつとの相性が抜群なマイルドなお味噌汁となって定食をまとめています。

和佳葉の歴史は2代目そのもの

2代目の若林友博さんは、大阪で専門学校を卒業後、中華料理店へ勤務。1から習う中華料理の基礎や、中国人の多い職場での風習の違いなど厳しい経験を積んでできたそう。「大阪にいた頃に経験し学んだことは、全てが和佳葉で求められていることではない。環境によってやり方を変えていく。」と言われるように、友博さんの考え方は柔軟で効率的。

2代目 若林友博さん

そんな友博さんがお店を受け継いだのは、ちょうど平成から令和に代わる年。友博さんが生まれた年に始まった和佳葉が、建物の老朽化で立替えをしたタイミングと共に、友博さんも和佳葉に戻ってこられました。大きなガラス窓で店内が見え、明るく入りやすい雰囲気や、バリアフリーを取り入れた店内、そして清潔さだけでなくおしゃれさにもこだわったトイレまで、和佳葉には友博さんの新しい風が吹いています。

揚げたてをテイクアウト

和佳葉では、テイクアウトも行っています。パックの蓋が閉まらないほどボリュームの大きいとんかつをぜひご家庭でも味わってみてください!

Information

店舗名 とんかつ和佳葉
所在地 住所/広島県三次市十日市中3-3-8
ホームページ https://www.facebook.com/people/とんかつ和佳葉/100054505657737/
営業時間 11:00〜14:00・17:00〜20:00(19:30最終入店)
お休み 火曜日
電話番号 0824-62-0472
外観写真