【三次市十日市中】日本人の嗜好にあった味付けのタイ風料理店 The Black Swan|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

The Black Swan
お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市十日市中】日本人の嗜好にあった味付けのタイ風料理店 The Black Swan

【三次市十日市中】日本人の嗜好にあった味付けのタイ風料理店 The Black Swan

Pocket

Pocket

1階に化粧品店が入っているビルの2階に、2022年9月1日、タイ風料理店がオープンしました。
階段を上がって行くと、食欲をそそる香辛料の香り!
こちらで、どんな料理がいただけるのでしょう?

The Black Swan

「いらっしゃい!」
オーナーの近藤忠久さんが迎えてくれます。
窓に面したカウンター席は6つあり、一人でも気兼ねなく過ごせます。
他に、テーブル席が2つ、丸卓が1つあり、大人数で食事をするのにぴったりです。

料理はすべて、近藤さんの手作り。
ランチは日替わりで、15食程度を用意しています。
いずれも単品770円、セット(スープ・トムヤムカイ、サラダ、コーヒー、デザート付き)1,100円です。
(2022年11月現在)

 

月曜・木曜 ガパオ 目玉焼き付き(鶏ひき肉のバジル炒め)
火曜・金曜 タイ レッドカレー
水曜・土曜 タイ グリーンカレー
テイクアウトも可。

The Black Swan

「うちの料理はタイ風料理。忠実にタイ料理に寄せているのではなく、日本人の嗜好にあった味付けをしています」と近藤さん。
タイへの愛情は深く、今まで20回以上、タイへ足を運んでいます。
また、タイ・バンコクの中心部で13年にわたり繁盛していたイングリッシュパブ「The Black Swan」が閉店すると聞き、それは惜しいと2022年3月、店舗経営の権利を取得。現在、近藤さんの息子さんが店を営んでいるという縁もあります。

The Black Swan

近藤さんは長きにわたり、ショッピングセンター「CCプラザ」にてパン製造販売に従事していた経験があります。2022年3月に建物の建て替えを機に閉店しましたが、調理の経験があり、衛生管理の資格も取得していたため、飲食業への参入は問題ありませんでした。
大好きな国、タイにてしっかりとタイ料理を学んだ近藤さんは、タイで経営権を取得したイングリッシュパブ The Black Swanと同名のタイ料理店を三次にオープンし、日本人好みにした自慢のタイ料理の味を広めています。

The Black Swan

タイ、オランダ、メキシコのビールも充実。コーヒーやワインもあります。
夜は要予約で、さまざまなアラカルトを用意。
本場・タイを知る近藤さんがつくるアジアンフードを、隠れ家風の店内で、心行くまで楽しみましょう。

The Black Swan

Information

店舗名 The Black Swan
所在地 三次市十日市中2-2-31 北川ビル2F
ホームページ https://www.facebook.com/kondotadahisa
営業時間 11:00~14:00 夜は予約のみ
お休み 日曜、不定休あり
(不定休はFBにてお知らせ)
https://www.facebook.com/kondotadahisa
電話番号 0824-63-6050
外観写真