【三次市君田町】地元食材を使ったラーメン&丼を新名物に! 種ん家 - 三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

【三次市君田町】地元食材を使ったラーメン&丼を新名物に! 種ん家|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市君田町】地元食材を使ったラーメン&丼を新名物に! 種ん家

【三次市君田町】地元食材を使ったラーメン&丼を新名物に! 種ん家

Pocket

Pocket

昼は鳥唐揚げ定食やチキン南蛮定食、霧里ポーク生姜焼き定食、どんぶり、ラーメン、うどんなどを提供し、夜は鉄板料理や揚げ物などの居酒屋料理がメイン。
2022年10月、多彩なメニューをそろえる「種ん家」がオープンしました。

「いつかは飲食店がやりたい」と思っていた種延隆之さんが一念発起し、夢をかなえました。

猟師でもある種延さん。「ジビエは臭い」「固い」という固定観念をくつがえし、おいしく味わってもらいたいと生み出したのが「ジビエラーメン」です。
ジビエ工房から調達するジビエ肉を使い、ゆっくり丁寧に低温調理し、チャーシューに。歯ごたえがあり、噛むほどに深い旨味を感じます。骨を煮出したスープは、豚骨スープほど重たくなくさっぱりした後味で、ほんのり甘さが感じられ、最後まで飲み干せます。江草製麺の麺にスープが絡んで大満足!

レバ刺し風とり肝(写真左)
低温調理したとり肝は柔らかく、お酒と相性が良く、くせになりそうな味わい。
地元の銘酒「美和桜」と合わせてどうぞ。

霧の海丼(写真右)
とろろと霧里ポークがのった、贅沢などんぶり。

3日前までの要予約で、宴会コース(料理3000円~、飲み放題2000円)も用意。
黒板に「今日のメニュー」が書いてあるのでチェックしましょう。

種延さんのお父様は板前さんで、さんべ荘の料理長も務めたほどの実力者。そんな父の姿を見て、料理好き、食べることが好きになったそう。東京では、飲食店に従事しました。その後、三次市に戻り、別の仕事をしていましたが、君田町のカフェが閉店すると聞き、「ならば自分が地域のお役にたてたら」とオープンを決意。家族で君田町に転居しました。
米は、君田産の自家製米を使用。ジビエ、霧里ポークなど、できるだけ地元のよいものを使って、地域も店も元気にしていきたいと意気込みます。今後は、「イベント出店の他、今後はライブなども開催し、店からまちを盛り上げられたらと願っています」と笑顔で話してくれました。

種延さんのニックネームは「種(たね)」。
店の名は、「種んちいこう」と言ってもらえるような店にしたくてつけたのだと教えてくれました。
道路からも良く見えるのれんが目印。ぜひ足を運んでください。

Instagramはこちらから

Information

店舗名 種ん家
所在地 広島県三次市東入君230-4
ホームページ https://www.instagram.com/kimitatanenchi/
アクセス 駐車場 20台
営業時間 11:30~14:00、17:00~23:00
火曜と水曜は昼営業のみ
お休み 月曜日
電話番号 090-5366-4970
外観写真