【三次市上田町】ほしはらの森でガイドと過ごす「里山おやこキャンプ」|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ
お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市上田町】ほしはらの森でガイドと過ごす「里山おやこキャンプ」

【三次市上田町】ほしはらの森でガイドと過ごす「里山おやこキャンプ」

Pocket

Pocket

三次市上田町の里山をフィールドに、親子で感動を分かち合い、絆を深める「小さな冒険」。
1日3組限定のテント泊プログラムが「里山おやこキャンプ」です。

ほしはら山のがっこう「ほしはらの森」で行われる1泊2日のキャンプは、3歳から10歳くらいの子どもとその保護者が対象。1家族だけでなく、仲良しファミリーと一緒にも申し込めます。
テントや寝袋、調理器具、食材、薪などのキャンプ用品は不要(テント、寝袋をお持ちの方は持ち込み可)ですので、キャンプ未経験者や初心者でもご参加いただけます。
体験内容や食事メニューは季節や天候などによってさまざま。晩秋のキャンプの様子をご覧ください。

 

●ガイドのサポートで、楽しく簡単にテント設営

受け付け場所は、ほしはら山のがっこうです。
「はじまりの会」ではオリエンテーションや、参加者、スタッフの自己紹介。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

キャンプディレクター、るいーじのアイスブレークで雰囲気が和らぎます。
子どもたちには、いきもの探険プログラムで着用するベストを貸し出し。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

探険バッグと虫めがねもセットです。

まずはテントの設営から。ほしはらの森「里山デッキ」にテントを運びます。
3つあるデッキそれぞれに1張ずつテントを設営します。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

ガイドが設営を補助してくれるので、初めての人でも安心。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

大自然の中でのテント泊にワクワクが止まらない。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

大きなテントに子どもたちは興味津々。
寝心地も良さそう。

デッキどうしが離れているのでプライベート感も十分。アクティビティは参加者みんなと楽しく、テントでは家族や友人と心おきなく。ほしはらの森ならではの、ゆったりとした時間を過ごせます。

 

いきもの探険プログラム〜森の中も草原も

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

デッキの目の前には、子どもたちに人気のブランコが。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

ガイドが、森の妖精「ぴかりん」からのメッセージを伝えます。
「森のレストランを お花や木のみでつくったごちそうでいっぱいにしてほしいんだ」

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

「ぴかりんのごちそうを作りに行くぞ!」

ガイドと一緒に、ほしはらの森「松ぼっくり広場」へ向かいます。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

顔が隠れるくらい大きなホオの葉で変身。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

「このエビフライのような松ぼっくりは誰が食べたと思う?」
森にはムササビが住んでいるんだそうです。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

子どもたち一人ずつ、どんなごちそうを作ったのかを説明してくれました。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

「ぴかりん、いらっしゃい」
森のレストランの看板前でごちそうを手に記念撮影。

続いて「星の原っぱ」で昆虫探し。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

コバネイナゴ、ショウリョウバッタ、ヒナバッタなどがいました。

このフィールドには、いろんなバッタやコオロギ、カマキリが生息。花が咲く季節にはツマグロヒョウモンやヤマトシジミ、秋にはアサギマダラを見ることができます。カエルやトンボ、小さなサンショウウオも。山の中も草原も、触れ合える生き物が多いのが、このフィールドの魅力です。

 

キャンプ料理の定番、カレーを作ろう

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

陽が傾き、辺りが少しずつ暗くなってきました。「たき火広場」で夕食作りが始まります。
みんなで夕食の準備。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

待ち時間にるいーじと「落ち葉で作るランタン」づくり。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

まずは材料集めから。再び森の中へ。
高い所も手を伸ばして。
色とりどりの紅葉を手に入れました。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

トレーシングペーパーや糊、紙皿などを使って工作。
世界に一つだけのすてきなランタンが完成。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

カレーも出来上がりました。

盛り付けは自分でしよう。
今日のメニューはカレーライス、野菜サラダ、蒸し豚、ゆで卵、デザートは柿。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

三次ワイナリーのぶどうジュースで乾杯。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

自分で作った料理はおいしさもひとしお。夕食のテーブルには、親子の会話がいつまでも続いていました。

 

●夜の里山体験〜星空に包まれて

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

空を覆っていた雲が、次第に薄くなってきました。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

夜になっても子どもたちの歓声は止みません。森の広場でランタンを手に探険。
雲に隠れていた月が見えてきました。

るいーじが、星空観察用の双眼鏡を参加者に手渡しています。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

みんなそろって「星空デッキ」へ。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

スタッフの解説を聞きながら星空を眺めました。

星空観察の後は「たき火のつどい」。
参加者の希望により翌朝は「霧の海」観望に決定。霧の海とは雲海のこと。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

スタッフ、あいあいのウクレレを伴奏に『キャンプだホイ!』を合唱。
たき火を囲んで、夜が更けるまで語り合いました。

ゲームやタブレット、テレビでは得られない感動。
里山の自然を五感で感じた一日。テントの中でどんな夢を見たのかな?

 

●絶景! モーニングウォーク〜岡田山から望む霧の海

翌朝6時30分、ほしはらの森は霧に包まれていました。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

「ちゃんと早起きできたよ」

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

車で岡田山の山頂に移動。そこには黄金色の景色が広がっていました。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

参加者の多くが、霧の海を見るのは初めて。その美しさに子どもたちも見とれていました。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

時間とともに空の色と霧の海の「海面」が変化していく様子を楽しみました。

吉舎町や甲奴町などの三次市東部はもちろん、府中市や神石高原町まで見通せるほど開けた眺望。「内緒にしておきたいくらい」との声が聞かれるほどの絶景を堪能しました。
(霧の海観望は希望者のみの参加です。気象条件により見られないこともあります。)

 

●三次の「おいしい」がいっぱい! 朝食作り体験

ほしはらの森に帰ってきたら朝食作り。りんごの芯をくり抜いて砂糖とバターをイン。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

ホイルで巻いて、たき火の上で焼きりんご作りです。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

パン生地を長く伸ばし、八角の棒にらせん状に巻きます。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

こちらもたき火で焼いて、ねじりパンに。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

出来上がった焼きりんごは、とってもおいしそう。もちろんりんごは三次産。
ねじりパン、ポタージュスープ、わにウインナーと共にいただきます。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

棒ごとパンにかじりつく。
朝の光の中で、特別な時間を過ごしました。

このほかにも三良坂フロマージュのチーズやスプレモのドリップコーヒー、平田観光農園のジャムなど、たくさんの地元食材を味わいました。

 

●思い出とともに「体験」という宝を持ち帰る

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

里山おやこキャンプもいよいよ「おわりの会」に。
子どもたちは、楽しかったことを絵にします。

ほしはら山のがっこう 里山おやこキャンプ

保護者も一人ずつ感想発表。
「キャンプ経験がゼロでも安心して過ごせました」

里山おやこキャンプは、季節ごとにさまざまなアクティビティを用意して、子どもたちの「発見」をサポート。自分の目で見て、肌で感じて、プラスアルファで遊びを組み立てられる「余白」がある体験フィールドです。ガイドやスタッフメンバーはたくさんいますので、どんな人に会えるかも、楽しみの一つ。皆様のご参加をお待ちしています。

次回は来春開催予定

里山おやこキャンプの特設ページはこちらから

Information

スポット名 ほしはら山のがっこう
所在地 三次市上田町388
ホームページ https://www.hoshihara.org
電話番号 0824-69-2888
メール info@hoshihara.org