【三次市三良坂町】趣菜 大阪屋 / 本格コース料理が味わえる創作和食店 - 三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

【三次市三良坂町】趣菜 大阪屋 / 本格コース料理が味わえる創作和食店|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

趣菜 大阪屋
お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市三良坂町】趣菜 大阪屋 / 本格コース料理が味わえる創作和食店

【三次市三良坂町】趣菜 大阪屋 / 本格コース料理が味わえる創作和食店

Pocket

Pocket

JR三良坂駅から徒歩1分の好立地に、創作和食の店「大阪屋」があります。
昼はランチ、夜は本格的なお任せコース料理が味わえると人気。
親子二代で通う常連さん、親子連れ、若者から高齢者まで、さまざまなお客さまから愛されています。三次市や近郊、県外、遠くは横浜からも訪れるそう。

趣菜 大阪屋

大阪屋の先祖は代々商家で、江戸時代は米問屋を営んでおり、当時の屋号をそのまま今の店にも使っています。
昭和44年の創業当時は、寿司店でした。鮮魚店を営む初代が、広島市内から板前を呼んで営業していたそう。
2代目店主、佐々木慎次さんになってから、店舗の周辺の区画整理を行うことになり、店は立ち退き。2017年に現在の店舗を構えました。

店舗が新しくなったのを機に、提供する料理も一新。
今までの経験を生かし、「創作和食」の店としてスタートしました。
食材にはこだわりがあり、鮮魚は、地元はもちろん全国から取り寄せ。野菜は何と、ほとんどが自家栽培で、ご飯は三次産コシヒカリを使用。味付けには、自家製の発酵調味料を用いています。
「ランチは前日まで、ディナーは3日前までの要予約。完全予約制です。予約時に苦手なものやアレルギーの有無などを伝えてください」と佐々木さん。

ランチは1,500円~、ディナーは、3,500円~。
前菜、肉料理、魚料理、ご飯もの、デザートなどが付く、充実の内容。

趣菜 大阪屋

この日の一例(10,000円コース・税別)

趣菜 大阪屋 趣菜 大阪屋

趣菜 大阪屋

料理に寄り添うアルコール類もこだわった品揃え。
日本酒は、全国の大吟醸を集めています。

醸し人九平次 別誂(徳利)2,500円
獺祭2割3分(徳利)2,500円
久保田萬壽(徳利)2,700円
雨後の月(徳利)2,000円
黒龍(徳利)2,500円

趣菜 大阪屋

【写真左】ワインは、ソムリエがセレクトした日本ワインを提供。
栃木、北海道、山形など。ボトル4,000円~。

【写真右】
焼酎400円~。

趣菜 大阪屋

「せっかく足を運んでいただいたのだから、料理以外にも楽しんでもらいたいと思っています。おいしい料理はもちろん、雰囲気づくりには気を配りました。人目を気にせずゆっくり過ごしてしていただけるよう、全室個室。窓から外が見えるような障子を取り付け、春は桜、秋はヒガンバナを座ったまま愛でていただけます。入口は網代天井、個室の天井には、錫箔を貼り、華やかさを出しました。料理を引き立てる器は、私の好みの有田焼きを主に使っています。おいしい料理、雰囲気、そして気遣い、この3つがそろうといい店になると言われます。まだまだできることはあると思って頑張っていますよ」と笑顔を見せる佐々木さん。
お客様の思いに寄り添いたいと、お食い初めや両家顔合わせ、慶事や弔事など大切なシーンにも対応してくれます。仕出しや弁当なども可(3日前までの要予約)。
「人生の大切な瞬間に、当店を利用いただけるのは誇らしいこと」と、どんな依頼にも手間を惜しみません。

趣菜 大阪屋

空間のあちこちに、佐々木さんの好きな植物や花、季節感のある絵画などがディスプレイされていて、おもてなしの気持ちが伝わってきます。
「錫を使っているのは珍しいと思います」と佐々木さん。高級感と華やかさのある空間。(写真左)

趣菜 大阪屋

「Shari-’sBar」と書かれた空間は、常連さんのみ利用可能な特別室(利用は応相談)。

趣菜 大阪屋

店主の包丁さばきが間近に見られるカウンターは特等席!会話を楽しみながら、一期一会の料理に舌鼓。この部屋には、有田焼の他、備前焼や萩焼の器も置いてある。
手抜きのない料理の数々を上質な空間で。
ぜひ訪れて、目もお腹も満足するひとときを過ごしてください。

Information

店舗名 趣菜 大阪屋
所在地 広島県三次市三良坂町三良坂5031-2
アクセス 駐車場 多数
営業時間 11:30~13:30、17:00~21:00(L.O.20:30)
お休み 月曜日
電話番号 0824-44-2071
外観写真