【三次市三良坂町】商店街の新たな“社交場”に selectBAR nunOYA - 三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

【三次市三良坂町】商店街の新たな“社交場”に selectBAR nunOYA|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市三良坂町】商店街の新たな“社交場”に selectBAR nunOYA

【三次市三良坂町】商店街の新たな“社交場”に selectBAR nunOYA

Pocket

Pocket

JR三良坂駅から延びる通り。改装中から「あそこに何ができるのかしら」と注目されていた場所は、「selectBAR nunOYA」として、2024年4月1日にオープンしました。

洋服や雑貨などを店主の好みで集めるセレクトショップのように、こちらも店主・奴野まどかさんの「好き」「いいな」を集めたバー。アルコールと酒のつまみはもちろん、コーヒーやケーキ、漬物まで用意しています。地元の食材を使ったり、お客さまからの「あれが欲しい」に応えたりしながら、三良坂のよき出会いの場、ゆっくり過ごす憩いの場になっています。

店主イチオシメニューをご紹介!

ナッツやドライフルーツ、ハーブなどが、チーズやバターを塗ったお皿の上に散りばめられた一皿。盛り付けや色どりのよさが目を引きます。パンやグリッシーニと一緒に味わいましょう。

三次が誇るチーズ「三良坂フロマージュ」のこだわりチーズ3種盛り合わせ。自家製ナッツのはちみつ漬けを添えて。

柚子チェッロ[写真左]
フレッシュな柚子の果皮を丁寧に処理して、ウォッカ漬けに。美しい色合いの一杯は、ストレートで味わって!

ニッケ・レスカ[写真右]
瀬戸内レモンを、三次産はちみつときび砂糖で煮た、濃厚な自家製シロップを炭酸で割ったすっきり爽快な味わい。シナモンスティックでかき混ぜて、シナモンの香りも添えて。

セレクトバーゆえ、お取り寄せしたイタリアの焼き菓子もスタンバイ。
「コーヒーや紅茶だけでなく、ワインやウイスキーとも相性がいいんですよ」

お酒好きな店主がチョイスするアルコールは多彩!
「これだけ」と決め過ぎず、どんどん取り寄せる予定。好みのお酒があったら、迷わずいただきましょう。

三次・美和桜酒造、広島県神石郡・三輪酒造の日本酒など

 

ナチュラルワイン(日本ワイン)の他、イタリア産ワインを中心に、白、赤、オレンジワイン、スパークリングなども。
ボトル3500円~、グラス650円~。

地域とつながる長い歴史

歴史はさかのぼって1929(昭和4)年、まだ娯楽が少ない時代に、奴野家の二代目が、社交場「布屋」を開店。和洋折衷の贅を尽くした建物には大宴会場や庭園があり、バーテンダーがカクテルを出す、洒落たスポットだったそうです。しかし、戦争の激化で布屋はその歴史を閉じ、残念ながら建物は現存しません。
その後、「布屋」の二男である三代目が、広島銀行だった建物を購入し、電気店を開業。自然と、地域の人が集まり交流する場にもなっていきました。
電気店閉店後は、長いことそのままになっていましたが、ここ最近、まどかさんのお母さんが、地域の人が集うサロンとして一部を利用しています。この場所は、歴史が廻っても、人が集まる場所なのですね。
三良坂生まれ、三良坂育ちのまどかさんは、高校卒業後、東京の大学に進学。卒業後、大好きな音楽の道へ進み、飲食店勤務をしながら努力を重ね、夢のメジャーデビューも果たします。しかし、コロナ感染症が拡大するにつれ、その活動が難しくなっていきました。
3年前に、東京での活動に区切りをつけ、故郷へ戻ったまどかさん。あたたかく迎えてくれた家族や、地域の人、同級生…、多くの人との縁に触れ、「ここを、地域の人が集まる場所にしたい」と思うように。それは、かつて電気店を営んでいた祖父や、おしゃれな社交場をつくった二代目、地域サロンを開くお母さまの思いにも重なります。

2024年4月、電気店を全面改修し、この場所で新しい歴史がスタートしました。
まどかさんは、「女性の設計士さんに思いを伝え、もともとあったものを再利用したり、一人で店内が見渡せるようデザインしたり。壁塗装やタイル貼りなどDIYにも挑戦しました」と、店への愛着を語ります。
三良坂駅周辺には、市外からも人が訪れる人気の飲食店やカフェがあり、「そこから紹介されてきた」という人や、「食事のあとで立ち寄った」という人もいて、nunOYAは三良坂のにぎわいに一役かっています。
まどかさんも「私にはこだわった料理やコーヒーは出せない。その代わり、気楽に、誰でもふらっと立ち寄ってゆっくり過ごせる空間にしたい」と思っています。

東京での暮らしを経て、改めて見つめる故郷には、「よそにはない新鮮な食材や名産品がある」という発見も。
「地元の名産の他、ショウガや梅、柚子、レモン、季節感のある食材もうまく利用したい。手間はかかるけれど、クラフトドリンクなどももっと勉強して提供できたら」

nunOYAの開店でお世話になった業者さんや、かつての同級生、地域の人から声を掛けられ、応援してくれる気持ちが、まどかさんの原動力。
「何を求められ、何を必要とされているか」を汲み取り、ニーズにあったものを出して、満足してもらいたいと奮闘中です。イタリアン、和食、浅漬けなどの居酒屋料理もあり、気負わない雰囲気が、三良坂のまちに溶け込んでいます。

かつて活躍したガラス棚を活用。今ではレアな携帯ラジオや、家電メーカーのキャラクターグッズがそのままディスプレイされています。

カウンター5席、テーブル4席

「お客さん同士がここで仲良くなったり、年齢の差など関係なく会話が生まれたりする姿を見ていると、うれしくて。今後は、レコードプレーヤーを使った『レコード鑑賞会』を開催したり、地域のお祭りに出店したりして、もっと地元に溶け込みたいです」
かつて多くの人と人をつないだこの場所は、これからはセレクトバーとして、変わらず交流を生みだしていきます。

Information

店舗名 selectBAR nunOYA
所在地 広島県広島県三次市三良坂町三良坂765-1
ホームページ https://www.instagram.com/selectbar_nunoya/
アクセス 駐車場 近隣に多数あり
営業時間 14:00〜22:00
お休み 月・火曜日 その他不定休
外観写真