古民家空間でいただく、地元の材料で作った「みよしもち」|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

もちのえき
お問い合わせフォームへのリンクボタン

古民家空間でいただく、地元の材料で作った「みよしもち」

古民家空間でいただく、地元の材料で作った「みよしもち」

Pocket

Pocket

餅屋 「もちのえき」

住所/三次市三次町1582 TEL/080-7312-2504

2022年5月3日に開通した通り抜け通路「もののけ小路(しょうじ)」に、新テナント!
同年5月14日、三次市出身の建築家、谷尻誠さんプロデュースの餅屋「もちのえき」がオープンし、話題を集めています。

もちのえき

餅屋「もちのえき」は、三次町歴みち石畳通り(上市栄通り)沿いに建つ木造の古民家を改修。こちらは、かつて醤油屋を営んでいた人の建物だそう。
車で走っていても、茶色いのれんが目を引きます。
車は、すぐ近くにある「三次もののけミュージアム 第2駐車場」を利用できます(無料)。

「もちのえき」と、店名がお団子風にデザインされているのがかわいいですね。

もちのえき

気になる店内はコチラ。
天井を見上げると、梁や柱はそのままで、少し昔の田舎の日常のよう。
お年寄りから子どもまで、誰もが気軽に立ち寄れる落ち着いた雰囲気です。

もちのえき

こちらでいただける食べ物、飲み物は、いずれも産地にこだわり、厳選されたもの。
看板メニューの「みよしもち」のもちは、料理家で、谷尻誠さんの奥様でもある谷尻直子さんが監修。広島産もち粉と広島産上新粉に加え、三次産酒粕を使用し、「食べたときのくちどけのよさ」にこだわったそう。絶妙な配合により、毎朝手作りされるもちは、すでに多くのリピーターを虜にしています。

「みよしもち」(みたらしだんご)は、建物の所有者が醤油屋を営んでいたことから生まれました。「だし醤油」と「柑橘あん」の2種を用意しています。

もちのえき

店内飲食の他、テイクアウトも可能。

表面を香ばしく焼き、三次産だし醤油入りのみたらしあんをたっぷり付けて、その上にきなこをトッピング。

もちのえき

表面を焼き、季節の柑橘の果肉と果汁を手搾りして作る柑橘餡をかけた逸品。
柑橘は季節によって変わるので、訪れるたびに違う柑橘餡に出合えそう。

もちのえき

おはぎは、「つぶあんおはぎ」と「きな粉おはぎ」の2種を用意。
広島県産もち米をふっくらと炊き、無農薬で上質の北海道産小豆を炊いて作る小豆で包んである。一つ一つ、丁寧に手丸めされたおはぎをぜひ味わって。

ドリンク類もこだわりが光ります。
「三次のお茶」「広島のお茶」「京都のお茶」を用意。
団子やおはぎと一緒にいかがですか。

もちのえき

(写真左)
三次でよく飲まれる健康茶。エビスグサから作られ、便秘や肩こり、眼精疲労に効果があるといわれています。水出しとホットを用意。

(写真右)
京都で栽培されたお茶を使用。香り豊かで、しっかりとした旨みと深みが後引く味わいです。

煎茶 500円
水出し煎茶 500円
ほうじ茶 500円
水出しほうじ茶 500円
ほうじ茶ラテ 600円

もちのえき

店内飲食で使われる陶磁器は、陶芸作家、城戸雄介さんの作品。
メイドイン鹿児島にこだわり、その中でも桜島が運ぶ火山灰に着目。灰の量や温度など試行錯誤を重ね完成したシリーズです。

(写真右の書籍)
餅屋「もちのえき」プロデューサーで建築家の谷尻誠さんと、もちの監修をした谷尻直子さんの著書も置いてあります。

左から
「HITOTEMAのひとてま第二幕」(谷尻直子さん著)
「職業=谷尻誠」(谷尻誠さん著)
「CHANGE」(谷尻誠さん著)

もちのえき店長の真野あやさんにお話を聞きました。

「出来立てを提供させていただくために、工場に頼らず、全て手作りしています。素材の産地や品質にこだわり、上質で、本当においしいもの、良いもののみを使用。ぜひ一度味わってみてください。『もちからまちを盛り上げる』をモットーに頑張っていきます。だんごやおはぎ、お茶で一息ついたら、ぜひ三次市内を周遊してください」

 

餅屋「もちのえき」のオープンで、周辺の活性化と、さらなるにぎわい創出が期待されます。ぜひ一度訪れてみてください。

Information

店舗名 餅屋「もちのえき」
所在地 三次市三次町1582
料金 みよしもち(みたらしだんご)だし醤油
1本 180円
みよしもち(みたらしだんご) 柑橘餡
1本180円

おはぎ
「つぶあんおはぎ」
「きな粉おはぎ」
各350円

水出しはぶ草茶 500円
抹茶 700円
煎茶 500円
水出し煎茶 500円
ほうじ茶 500円
水出しほうじ茶 500円
ほうじ茶ラテ 600円
営業時間 木、金、土、日曜日
10:00~17:00
お休み 月、火、水曜日 *祝日は営業に変更あり
電話番号 080-7312-2504
外観写真