三次だけでなく県北観光の拠点としても機能|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

三次観光案内所
お問い合わせフォームへのリンクボタン

三次だけでなく県北観光の拠点としても機能

三次だけでなく県北観光の拠点としても機能

Pocket

Pocket

三次観光案内所

住所/三次市十日市南1-2-23 三次市交通観光センター1F TEL/ 0824-63-9268

JR三次駅下車すぐの場所にある「三次観光案内所」。
観光客や、ビジネス等で初めて三次市を訪れた人たちが最初に立ち寄る場所として、さまざまなサービスを用意しています。

三次観光案内所

カウンターには、常時スタッフが待機。
訪れる人を笑顔で迎えてくれます。

三次観光案内所

「JR三次駅は無人駅のため、駅に降り立った人、今から駅へ向かう人のため、鉄道全般に対応できるよう努めています。過去には『東京駅までどうやって行けばいいか』と問われた方もいましたし、あえてローカル線を乗り継いで電車の旅をしたいという、こだわりを持つマニアの方もいました。また、『三次市内で写真の現像ができるところはないか』というお尋ねがあったり、おいしい飲食店を教えてほしいという声があったり、宿泊のお尋ねがあったり。中国山地の真ん中に位置し、やまなみ街道・中国道、どちらへも行けるアクセスの良さを生かし、観光のご案内もします。どんなことでも対応できるようにしたいですね」と久竹雄一郎さん。

外国人観光客のため、英語・中国語対応可能のスタッフもいます。
また、多言語に対応する専用機材「ポケトーク」も置いています。

三次観光案内所

●レンタサイクルの貸し出し
使用料/普通自転車 4時間まで300円、4時間以上(1日)500円
電動アシスト 4時間まで400円、4時間以上(1日)700円
利用可能時間/8:45~17:15(観光案内所開所時間)
休業日/水曜、年末年始、催事開催日
注意事項 予約取り置き、複数日貸し出しはなし。破損、紛失、盗難の場合は利用者負担。

三次観光案内所

三次は、県北への玄関口。鉄道だけでなく、バスも大切な交通手段です。
ぶ厚いファイルには、あらゆるバス路線図と時刻表が網羅されています。
「二次交通が乏しいところが多いので、コミュニティラインを含む情報を揃えています。
分からないことがあれば、時には一緒に調べることもありますよ」
困り事があっても、ここに来れば寄り添ってくれるのがうれしいですね。

どなたにも気軽に利用してもらいたいと、フリーWi-Fi完備で、携帯の充電もOK。筆談にも対応します。

観光客のために、周辺地域の観光パンフレット、チラシを置いています。
缶バッジやマスキングテープ、ハンカチ、絵はがきなど、三次オリジナルの土産物も。

案内所を運営する三次観光推進機構の政森進理事長に、現在の三次市をとりまく現状と、今後の抱負を聞きました。

三次観光案内所

日本全国を訪れる旅行家が三次市を訪れ、「一番大事だと思うのは、駅員やタクシーの運転手、市民、店員、ホテル従業員などが、皆、親切であること」と言っていました。おもてなしの心が大切だなと思いました。三次のおもてなしの心が口伝えに広まってみなさんが三次を訪れてくれたらいいなと思います。三次市のブランドメッセージ、「みよし 人よし 元気よし」も大事です。
三次観光推進機構としては、「来てください」というばかりではなく、来てくださった人が満足し、リピート率が上がり、滞在時間が増え、宿泊していただけることも大切にしたい。その結果、地域が潤い、活性化する。そうなっていくことが使命かなと思っています。
コロナ禍で、観光客を含めた人々のニーズが変わってきたと感じています。皆、趣味や娯楽、癒やしを求めて近隣県へ移動しています。例えば、辻村寿三郎工房 木綿兎(もめんと)の人形教室には、全国から生徒さんが通っています。大自然の中でEバイクやラフティングを楽しむ、森の散歩道で癒されるなど、お客のニーズに合致した取り組みも大事と考えます。
コロナ禍後は、都会より、大自然や癒しを満喫することが求められると思います。今こそ、中国地方の中心である三次をPRしたいです。
三次観光推進機構は、人材の宝庫。旅行業務取扱管理者3人、中国語・英語対応ができるスタッフもいます。ぜひ三次に来て、三次の魅力を感じてみてください。スタッフ一同、心よりお待ちしております」

Information

スポット名 三次観光案内所
所在地 広島県三次市十日市南1-2-23 三次市交通観光センター1F
アクセス 駐車場/ なし ※近隣の西駐車場をご利用ください (30分無料、以降は有料)
営業時間 8:45~17:15
お休み 水曜日・年末年始
電話番号 0824-63-9268
外観写真