【三次市甲奴町】マワレ商店 / バラエティ豊かなクロックムッシュが人気のベーカリー - 三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

【三次市甲奴町】マワレ商店 / バラエティ豊かなクロックムッシュが人気のベーカリー|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

マワレ商店
お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市甲奴町】マワレ商店 / バラエティ豊かなクロックムッシュが人気のベーカリー

【三次市甲奴町】マワレ商店 / バラエティ豊かなクロックムッシュが人気のベーカリー

Pocket

Pocket

甲奴駅から徒歩1分、カーター通りに、2023年7月14日にオープンしたベーカリー「マワレ商店」。
開店直後から、抱っこされた赤ちゃんとお母さん、お年寄り、幅広い世代のお客さまが訪れます。「友達に聞いてやってきた」「これがおいしいって聞いた」と、おいしさは口コミで広がっています。

マワレ商店

手作りの看板が目印。

マワレ商店

民家の一部を改修した店内。オーブンも隣に併設されていて、香ばしい香りがただよっています。

マワレ商店

食事パン「クロックムッシュ」は、並べたらすぐ売り切れる人気の品。
定番の他、コーンやチーズ、はちみつ、きのこ、ほうれん草、ベーコンなどさまざまな種類を用意します。
おいしさの秘密は、毎日つくる自家製ベシャメルソース!

Pick upマワレ商店

惣菜系も充実しています。

マワレ商店マワレ商店

丸いシリーズは、おまんじゅうから着想。「甲奴には、幼いお子様や年配のお客様も多いので、柔らかいパンも用意しました。でも一種類でお腹がいっぱいになるのではなく、少しずついろんな味を食べてもらいたくて、小ぶりにしています」と永岡さん。生地はもっちりしていて、全部味わいたくなります。

マワレ商店

お取り置きするファンもいる食パン。3種類の小麦をブレンドし、2日かけて焼き上げています。

マワレ商店

見事なチョーク画は、実は永岡さんが描いています。店内のあちこちに置かれているレジンの作品も、中に閉じ込めている花や実を採取するところから永岡さんが手掛けたもの。店のロゴやのれんの文字も。思わず写真に撮りたくなるセンスの良さ!アートな一面が随所に光ります。
黒板には、チョークで自由にお絵かきしてOK!会計を待つお子さんも楽しいですね。
定休日に消して、また新しくなるそうです。

マワレ商店

店主の永岡さんに話を聞きました。

「私は庄原出身で、庄原の老舗洋菓子店『和泉光和堂』にて11年間、製造に従事しました。その後、三次市の『カドー』で働きつつ、甲奴にある祖母の家に風を通したり、草刈りをしたりして、甲奴を訪れていたんです。いつかは店を持ちたいと思っていたのですが、甲奴の人の好さにひかれて、この地で店をオープンすることにしました。地元の人たちが優しく声をかけてくださり、パンを食べた感想を伝えてもらえるのがうれしくて。地域のイベントにも声をかけていただき、ご縁が広がっているのを実感します。ここで店を持つことができてよかったなと思っています。甲奴は年配の方が多いので、ぷるんぷるんとした食感の、高加水のパンも用意します。甲奴産のブルーベリーやピーナッツ、酒粕は魅力的な食材。手間のかかるクロワッサンなども提供したいです」

他にも、長時間発酵させた全粒粉使用のフランスパン、ブリオッシュ、6時間発酵する濃厚パン、季節限定品など、毎日30種類以上並びます。
早朝より、昼まで焼き続けますが、売り切れ次第終了ゆえ、お早目に。

バスを待つお客様のためにと、1杯108円でホットコーヒーも登場しました。店頭でおしゃべりが始まったり、「知り合いから紹介されてきました」という声があったり。まちの人たちの日々の生活に寄り添い、いつしか「訪れたいパン屋さん」になったマワレ商店。
店の名の通り、甲奴の人や食を循環させ、お腹もココロも元気にしてくれます。

Instagramはこちらから

Information

店舗名 マワレ商店
所在地 広島県三次市甲奴町本郷651-1
ホームページ https://www.instagram.com/mwr_gram/
アクセス 駐車場:なし
営業時間 9:00~16:00
お休み 金曜日
外観写真