定番から個性派パンまでずらり! お餅も人気の小林製パン所|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

お問い合わせフォームへのリンクボタン

定番から個性派パンまでずらり! お餅も人気の小林製パン所

定番から個性派パンまでずらり! お餅も人気の小林製パン所

Pocket

Pocket

小林製パン所

住所/三次市塩町2124  電話番号/0824-66-1054

 

地元の愛されパン屋さんは創業85年以上

昭和11年に創業したパン屋さん「小林製パン所」(塩町)。現在、2代目となる小林信吾さんが、奥様の幸枝さん、信吾さんの妹さんと一緒に営んでいます。ここはかつて繁華街で、店の向かいには劇場があり、観劇のお客が立ち寄るなどそれは忙しかったそう。高校や学校給食用のパンも製造していて、帰省するたびに買いに来る人や、送ってほしいと頼む人もいるほど。多くの人の胃袋を満たした「小林のパン」の味は今も健在です。

店主の信吾さんは、かつて高校野球の審判員を務め、三次の野球の発展に尽力しました。持ち前のガッツで、現在も朝早くからパン製造に励んでいます。

 

名物「ジャンポエクレア」など毎日20〜30種が店頭に

パンのメニューは約80種類もあり、そのうち20~30種類が店頭に並びます。現在の看板商品は、名物「ジャンポエクレア」(220円)。15年前に作り始めると、そのボリュームやサクサクのシュー皮の食感、チョコとカスタードクリームのおいしさからたちまち大人気に。

世羅産卵を使った生地を鉄板に絞り出し、22分かけて焼くと、ふんわり膨らんだシュー皮の完成。しっかり冷ましてカスタードクリームを詰め、チョコレートをかけて包装します。まとめ買いする人、手土産やおやつに買い求める人、中には「子どもに送ってくれと頼まれた」という人もいるのだとか。

 

 

 

人気の「ラスク」は、わざわざ前日に「ソフトフランス」を焼いて、翌日スライスして「ラスク」に加工するという手のかけよう。

ファンは全国に! ロングセラーの餅

年末になると、全国から餅の注文が舞い込みます。「餅を販売し始めて40年。三次産の餅米を使い、ひのきのせいろで蒸して餅に加工します。柔らかくてよく伸びると人気なんですよ」と信吾さん。現在、白餅、のり、豆、みかんの4種類を販売しています。

広告宣伝などは一切行っておらず、口コミのみで営業を続ける小林製パン所。今なお多くの人に愛されています。素朴でどこか懐かしいパンを求めて、ドライブがてら立ち寄ってみてください。

 

Information

店舗名 小林製パン所
所在地 住所/広島県三次市塩町2124
電話番号 0824-66-1054
FAX 0824-66-3078
外観写真