【三次市甲奴町】“日本っていいなあ”体験&宿泊施設|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市甲奴町】“日本っていいなあ”体験&宿泊施設

【三次市甲奴町】“日本っていいなあ”体験&宿泊施設

Pocket

Pocket

山仕事体験民宿 「気楽坊」

住所/三次市甲奴町有田1462  電話番号/080-5233-6006

 

三次市甲奴町にある“平成の聚楽第”

まるでタイムスリップしたかのような、荘厳な建物が目を引きます。 これは、安土桃山時代に豊臣秀吉が京都に建てた邸宅「聚楽第」をイメージした伝統家屋で、周囲には美しい庭園と里山林が広がり、春にはソメイヨシノ、ツツジが咲きます。山仕事体験民宿 「気楽坊」は、この一角にあります。

さあ、ここでどんなことが体験できるのでしょう?「こんにちわー!」3歳~9歳までのお子さんがいる、肝付ファミリー5人が到着しました。「広ーーい」「きれい!」お子さんだけでなく、ご両親もワクワクです。体験民宿「気楽坊」のシンボルというべき場所、「バーデンカフェ ジュラクティーテラス」。広いテラスでは、テーブルや机、リクライニングチェア、木で作ったイスなどが置いてあり、思い思いに過ごすことができます。暑い時には、“生ビール”もありますよ。

今日は伊藤さんの知人で、吉舎町上安田にて「いなかの山ちゃんぶどう園」を営む山﨑清莊さんがサプライズ!

ぶどう園で採れた、大きな大きな“セトジャイアンツ”を用意してくれていました。

「何キロあるか、当ててみて」

いきなり始まった重量当てクイズに、ちょっと緊張気味だった子どもたちもがぜん張り切ります。「左側の、普通の“セトジャイアンツ”が500gくらいだからね」とヒントをもらい、「2.2キロ!」「2.5キロ」と予想しました。

正解は・・・。「2.3キロ!」「近かったねー!」「はい、参加賞」「“セトジャイアンツ”も自由に食べていいからね」伊藤さんから参加賞をもらって大満足!

「こんな立派なセトジャイアンツはなかなか見られないかも」家族全員で記念撮影しました。

「次はユズもぎ体験に行くよ」と伊藤さん。

ユズの木は、すぐ近くにある小高い山の入り口にあり、真っ黄色に色付いた大きなユズがたわわに実っていました。ここはお父さんの出番です。

高枝切りハサミを操って、上手にユズをもいでいきます。「あとでユズ風呂に入ろう」と伊藤さんが提案し、たっぷりユズを収穫しました。次は、ヤマメの串刺し体験に挑戦です。

ヤマメは、観光釣り堀で知られる「神之瀬フィッシング」(三次市君田町)から、伊藤さんが今朝取り寄せた新鮮なもの。「ヤマメを持って、生きているかのように曲げるといいよ」「しっぽやヒレに塩を振ってね」ヤマメに串を刺すのは初めて。

年が違う姉妹で力を合わせて、真剣に取り組むのも、いろんな体験ができる「気楽坊」の魅力ですね。広い庭では、ヤマメの塩焼きと、昼食のバーベキュー用に、BBQセットが登場。

炭火でじっくりゆっくりヤマメを焼いていきます。いしかわ(京都嵐山)から取り寄せた竹の皮で包んだお手製の「肉ちまき」は大好評!

自分で串刺しし、太陽の下で味わう焼きたてのヤマメの味は格別です。

「丸ごと食べられるよ」「おいしいよ」串にかぶりつく子どもたちも笑顔!

【左から、よもぎ餅、ゆず餅、普通のもち】

伊藤さんが用意した野菜や肉、肉ちまき、具だくさんの酒粕汁、“畦ヶ迫(あぜがさこ)いとこ会”の長(おさ)、永岡園枝さん(87)の手作りよもぎ餅、ゆず餅、デザートには

「いなかの山ちゃんぶどう園」のピオーネ、安芸クイーン、シャインマスカット……。

食べきれない料理の数々が並び、秋晴れの下で、大満足の昼食時間となりました。

ご飯を食べ終わるころには、伊藤さんが焚火をたいてくれていました。

「お風呂から上がったころには、焼き芋ができるよ」

アルミホイルに包んだ大きなサツマイモを、灰の中へ埋めて、家族はお風呂へGo!

ユズの香りがたちこめる「ユズ湯」へ入らせてもらいました。

「いい香り!」

「景色も最高!」

大きな窓からは真っ赤に色付いた紅葉が見え、楽しいお風呂時間となりました。

「ジュラクティーテラス」は、外やウッドデッキで遊ぶだけでなく、屋内で休憩したり、宿泊も可能です。中へ入ってみましょう。

「囲炉裏があるよ」

「火をながめながらゆっくり三次の銘酒“瑞冠(ずいかん)”を飲むって最高」とご両親。

2階は木をふんだんに使った和空間。歴史を感じる調度品や、和テイストの机、置物などが秀吉時代の「聚楽第」を感じさせます。

家族で、カップルで、友達同士で、ゆっくりお茶を飲んだり、食事をしたり、忘・新年会もいいですね。

2階から1階を見ると、その広さに驚きます。

施工は、地元の(有)土屋建材店 土屋伸三社長にお世話になりました。また棟梁の神田雄也さんの匠の技には感動しました。と伊藤さん。

宿泊可能な和室が2部屋。

寝具も用意されています。

利用のメインは「ジュラクティーテラス」ですが、主屋も宿泊利用が可能です。木々に囲まれた閑静なたたずまい。

主屋の中には和室が連続し、離れには茶室もあります。

刀剣マニアのお母さん&お嬢さんは、薙刀(なぎなた)の柄(つか)の螺鈿細工(らでんざいく)に感動!

庭に帰ると「焼き芋がいい感じだよ」と伊藤さん。

さっそく、焼き芋を掘り出します。

アツアツの焼き芋をいただきまーす。

すっかり暗くなり、焚火や「お狩場」の灯りでライトアップ!落ち着いた田舎の夜もいいですね。

「星がきれいに見えるんだよ」と伊藤さん。

住宅やビルの光などが一切ない場所だからこそ見える、満天の星も楽しみの一つ。

 

たくさんの山仕事体験をした肝付ファミリー。

囲炉裏を囲んで、伊藤さんと一緒に、あったかい晩御飯に舌鼓をうちました。

気楽坊では、春夏秋冬、さまざまな山仕事体験を通じ、私たちが忘れがちな日本のよき伝統を感じさせてくれます。

「どんなことがしたいか」を伊藤さんに伝えると、最高のおもてなし&体験を約束してくれます。「平成の聚楽第」で、日々の喧騒を忘れてまったりとリラックス時間を過ごしてくださいね。

心がととのいますよ。

P.S. あなたの大切な人をあなたのプロデュースでおもてなしする。

そのキャンバスとして利用するのもおもしろいですよ。

これ“オススメ”

Information

スポット名 山仕事体験民宿 「気楽坊」
所在地 住所/広島県三次市甲奴町有田1462
料金 田舎満腹プラン(1泊2食付き)/ 大人(中学生以上)12,000円 小人(小学生)6,000円 “2時間以上の山仕事体験が必要です” チェックイン14:00 チェックアウト11:00
営業時間 【完全予約制】1日1組限定 ※詳しくはお問合せください
電話番号 080-5233-6006 伊藤香まで
FAX 050-5535-0995
メール k.6006@p1.pionet.ne.jp
外観写真