三次町の元気な宿泊食事処|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

お問い合わせフォームへのリンクボタン

gourmet

三次町の元気な宿泊食事処

Pocket

宿泊施設「鶴鳴館」・お食事処「瀬戸」

広島県三次市三次町1857-5 □TEL/0824-62-2187 □営業時間/お食事処12:00~・17:00~(昼夜 前日までに予約要) 宿泊14:00in・12:00out □定休日/年中無休(正月三が日はお休み)

三次町の大内通り沿いにある、風格と歴史を感じさせる和風の大きな庇(ひさし)がある建物が、お食事処「瀬戸」と宿泊施設「鶴鳴館」です。65年以上前から三次町の宿泊と食事を支えています。

話しかけるといつも豪快な笑顔を見せてくれる冗談の大好きな瀬戸さん。その元気の源は「子どものころに高谷山の向こうから毎日登下校して鍛えた足と根性!」なのだそう。そのパワフルな人柄でみんなに活力を入れてくれる「お母ちゃん」のような存在で、三次町も元気にしてくれています。

お昼のランチは予約制で、営業をしているお食事処「瀬戸」ですが、定食、麺類、丼もの、揚げ物、焼き物、鍋物、一品料理まで、幅広く揃っていて、なんとそのほとんどを日替わり定食へアレンジしてくれます!これは「何でも好きな物を食べさせてあげたい。」という瀬戸さんの想いから生まれたサービスです。

三次の名産の鮎は、天然にこだわっていて、頭から丸かじりしてはらわたまで食べることができます。鮎と一緒にとれるギギュウは、カラっと揚げてタレで食べるのが美味しい食べ方。どれも三次ならではの食べ方を楽しめる貴重なお店です。

付け合わせのお漬物も手作りで、地元野菜をふんだんに使っているお料理にぜひ「お母ちゃんの味」を感じてみてください。

■定食700円~
・日替わり定食:860円
・唐揚げ定食:1050円
Etc…
■丼もの:500円~
■うどん・そば:450円~
■飲み物200円~
・ジュース:200円
・ビール(中):500円
■一品料理:500円~
Etc…

宿泊者に提供される夕食の一例がこちら(写真下)。
連泊する人が違う味を楽しめるよう、日替わりで手作りされています。
メインは肉料理、魚料理の両方が付いていて、ボリューム満点。
この日の肉料理はトンカツ、魚料理はカラスカレイの塩焼き。
他にも刺身3種盛り、小鉢が2つ、味噌汁、ご飯、漬け物が付いています。
小鉢は、旬の野菜を使った料理が並びます。三次産コシヒカリを炊いたご飯はお代わり自由!お腹いっぱい召し上がれ。
三次産天然鮎も別料金で提供していますので、お問い合わせください。

宿泊施設「鶴鳴館」は、和の内装のレトロさが色濃く残り、古き良き時代の雰囲気を楽しめます。竹の間、桜の間、杉の間、松の間など、部屋の名前にちなんだ木材で庇(ひさし)や格子が作られ、部屋の入口を装飾されているところも粋。

6月から寒くなる前までの期間限定で使える屋上のお風呂は、ヒノキなどの木材を使い、ほっと落ち着くことのできる雰囲気が作られています。

■別館:4部屋(共同トイレ・風呂)
■本館:3部屋(バストイレ付)
宴会場(16.5畳)
▢宿泊料金(お一人様当たり)
素泊まり 4,600円 (税込)
1泊朝食付き 5,200円(税込)
1泊夕食付き 6,600円(税込)
▢チェックイン:14:00
▢チェックアウト:12:00
▢レンタル浴衣あり

三次町で行われる花火大会、きんさい祭、ふれあい祭などのイベントや、もののけミュージアム、みよし本通り商店街にもアクセスの良い場所にある宿です。鶴鳴宿の粋なしつらえに歴史を感じながら、様々な歴史文化の残る三次町の町歩きをお楽しみください。

Information

店舗名 宿泊施設「鶴鳴館」・お食事処「瀬戸」
所在地 広島県三次市三次町1857-5
営業時間 お食事処/12:00~・17:00~(昼夜 前日までに予約要) 宿泊/14:00in・12:00out
お休み 年中無休(正月三が日はお休み)
電話番号 0824-62-2187
FAX 0824-62-2879