【三次市三良坂町】妥協のない材料選びと丹念な製法。三良坂の人気菓子店「泉屋」|三次市観光 Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

【三次市三良坂町】妥協のない材料選びと丹念な製法。三良坂の人気菓子店「泉屋」

お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市三良坂町】妥協のない材料選びと丹念な製法。三良坂の人気菓子店「泉屋」

【三次市三良坂町】妥協のない材料選びと丹念な製法。三良坂の人気菓子店「泉屋」

Pocket

Pocket

泉屋株式会社 和洋菓子工房 泉屋

住所/三次市三良坂町三良坂4213-5 電話番号/0824-44-2221

手作り洋菓子や和菓子、中でもかしわ餅が人気を集める「和洋菓子工房 泉屋」。1959年創業で、現在は2代目の古野純浩さんが腕をふるっています。店にかかる青いのれんは、移転オープン時に書道家のおじさんから贈られたもので、見事な筆字は店のロゴマークにもなっています。

初代の父親から受け継いだ味に、自分の経験を合わせて作り出す洋和菓子。年末年始やお盆、節句を中心に、多くの人に賞味されています。

受け継いだ味を洋菓子技術で進化

和菓子職人だった父の姿を見て育った純浩さん。東京・新橋でまずは洋菓子を、次に和菓子も学びました。1989年にUターンし、父親と共に10年間働いたのち、1999年に今の場所に店舗を移転。シンプルな和菓子のみだった品揃えを一新し、洋菓子や、さらにおいしく改良されたかしわ餅、新商品と、次々にラインナップを充実させていきました。

手間と時間を惜しまない ロングセラーのかしわ餅

多いときは、1日3,000個売れるというかしわ餅。

まずは、地元の農家から、餅米と、中生新千本を買い付け。米を洗ったらしっかり「天日干し」することにこだわります。精米し製粉した米粉を、まずは湯で練り、蒸し上げます。さらにその後、もう一回生地を練るのが純浩さんのこだわり。2度練ることで、口当たり滑らかで、普通のかしわ餅よりもはるかに軟らかい食感を実現します。

中に包まれているあんも、毎日手作り。北海道産小豆のあくをとりながら煮て、何度も水を替え、水が澄むまで繰り返します。上白糖と水あめで味付けしたあんは、甘すぎず上品な味わいに。かしわ餅と、ヨモギかしわ餅の2種があり、お客様は10個、20個と買い求めて行きます。

かしわ餅以外にも、多彩なお菓子が店内にずらり。洋菓子と和菓子の両方を一度に買い求められるのもいいですね。

 

ブランデーとラム酒のシロップに浸した、香り豊かなケーキ。生地は三良坂産卵を使用。

 

三良坂産卵と、瀬戸内レモン、海人の藻塩を使用。ふわふわで優しい食感が楽しめる

 

「和菓子から洋菓子まで、素材の良さを引き出すことにこだわっています。地元商品とコラボしたお菓子もたくさんあります。小さいお子さんからお年寄りまで幅広く楽しんでいただけるよう、多彩なお菓子を用意しています」と純浩さん。これからも、誰からも愛される郷土銘菓を作り続けていきます。

Information

店舗名 泉屋株式会社 和洋菓子工房 泉屋
所在地 住所/広島県三次市三良坂町三良坂4213-5
営業時間 8:00~18:00
お休み 水曜
電話番号 0824-44-2221
外観写真