Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

SNS映え抜群のセンスあふれるドライフラワー専門店

お問い合わせフォームへのリンクボタン

gift-goods-other

SNS映え抜群のセンスあふれるドライフラワー専門店

Pocket

Pocket

iolite(アイオライト)

住所/三次市畠敷町876-1-c 電話番号/0824-53-1085

 

白壁にブルーグレーの屋根が印象的な『iolite(アイオライト)』は、広島ではまだ珍しいドライフラワー専門店。扉を開けると数えきれないほどの花々が並び、息をのむような美しさに圧倒されます。ブーケやアレンジメントの販売、ワークショップ、会場装飾など手がける仕事は多岐にわたり、花を通して癒やしと心の安らぎを届けています。

ドアを開けると目に飛び込んでくる、天井いっぱいのドライフラワー。その数なんと2万本以上、ちょっと珍しいワイルドフラワーなどもあり、3~400種類が並びます。ここ『iolite』のオーナー/フローリストの市山喬大さんは「故郷でほかにない花屋を開きたかった」と話します。高校生の頃アルバイトをしていた花屋で、辞める際に花束をもらい心温まったことが、この世界へ入るきっかけに。福岡の専門学校へ進学しフラワービジネス科を専攻、その後は福岡と東京の花屋で研鑽を積んだそうです。

「福岡も東京も大都会。勤めていた花屋はものすごくオシャレで、一流ホテルのアレンジメントを手がけたこともあります。休みの日はアパレルショップやカフェを巡り、美しい内装やグリーンのあしらいを見て覚えました」。そんな時に出合ったのが、広島ではまだ展開されていなかったドライフラワー専門店。「これだ!と思いました。生花よりロスが少なく、花の扱いに慣れていない人が生活の中に取り入れやすいという利点。そして何より、衝撃的にオシャレでした。クールにもナチュラルにも見せることができるし、どんなインテリアにも馴染むんです。独立したいという思いはもともとあったので、三次でドライフラワー専門店を開こうと考えました」。

「どうせ花屋をやるなら一番を目指す」。そんな思いを胸に、どこよりも多いドライフラワーを、どこよりも斬新な見せ方で、店の方向性を決めていきました。「大切にしたかったのはオシャレ感。店に入っただけで違う世界を感じられるような、ときめきのある空間にしたかったんです。なので、うちの店は写真撮影、SNSへの投稿大歓迎。何も買わなくて見るだけでもOKです。写真映えするとよく言ってもらえるので、自由に撮影して楽しんでもらえたら」。一番の人気撮影コーナーは壁に立てかけてあるアンティークの鏡。周りに置いてある花が映り込み、鏡の中の自分を撮ると、なんともドラマティックな一枚に仕上がります。また、ワークショップなどの体験メニューを随時用意しているので、作った作品をSNSにアップする人もとても多いのだそう。「ワークショップは何日の何時からというような開催ではなく、お客様の要望があった日時、作りたいもの、予算で決めていきます。スワッグやコルク瓶アレンジ、ボードアレンジなどが人気ですよ」。

花を買い求める理由はさまざまで、最も多いのがギフトなのだそう。「出産した友人を祝いたいとボードアレンジにチャレンジして、友人をイメージした花に“おめでとう”という言葉を添えて作ったり、プロポーズ用に特別なブーケをオーダーした男性もいます。幸せな瞬間に立ち会えるのは、この仕事の大きな醍醐味ですね」。また、自宅用に花を買う人は暮らしの中に癒やしや豊かさを取り入れたいと考える場合が多いそう。「花一本あるだけで、気持ちが和みますよね。せっかくきれいな花を生けるなら、部屋を片付けようという気にもなりますし。花を飾ることで、心も暮らしも整う効果が大いにあると思います」。

最近では、自粛生活の影響もあってか生花や観葉植物も家に飾りたいという希望もあり、取り扱いを始めたといいます。「ドライフラワーの扱いが軌道に乗ったので、今は少しずつフレッシュなものを増やしています。お店の情報や最新のトレンド情報、花の入荷状況などInstagram(@ioliteflowers)で随時発信をしていますのでぜひチェックしてみてくださいね!」。

さらに自宅で眠っているフラワーベースや器がある場合、持ち込みでアレンジを施してもらうのもOK。色々なアプローチができる『iolite』、ぜひ一度足を運んで自分だけの花の楽しみ方を探してみませんか。

Information

店舗名 iolite(アイオライト)
所在地 三次市畠敷町876-1-c 
ホームページ https://www.iolite-flowers.com/ 
営業時間 11:00~19:00
お休み 水曜
電話番号 0824-53-1085