【三次市吉舎町】後藤ベーカリー / 名物「山の芋まんじゅう」を召し上がれ - 三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

【三次市吉舎町】後藤ベーカリー / 名物「山の芋まんじゅう」を召し上がれ|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市吉舎町】後藤ベーカリー / 名物「山の芋まんじゅう」を召し上がれ

【三次市吉舎町】後藤ベーカリー / 名物「山の芋まんじゅう」を召し上がれ

Pocket

Pocket

三次市役所吉舎支所のほど近くにある、「後藤ベーカリー」。

吉舎銘菓の「山の芋まんじゅう」「よきやどり」「ゆず餅」「柚子羊羹」のほか、パン、食パン、シュークリーム、お菓子、ジュースなどを販売。餅の製造も行っています。

手土産にと銘菓を買い求める人、焼き上がりに合わせてパンを買いに来る人、餅を注文する人と、朝から多くのお客様が訪れます。

後藤ベーカリーは、1832年に和菓子店として創業。

現在、7代目店主の後藤信之さんと、妻の小枝子さん、息子の智之さんと娘の典子さん、智之さんの妻の泰世さんの5人で家族経営しています。

「山の芋まんじゅう」は、こちらの看板商品です。北海道産小豆で作るこしあんを、もっちりした上用粉と山の芋だけで練った生地で包んであります。滑らかな食感や優しい甘味が特徴。1個108円。

10個入り 1296円(6個入り675円、20個入り2376円、30個入り3466円)

はったい粉でつくる生地に、北海道産白いんげんで作る白あんと栗の甘露煮が入っています。サクサク食感とまろやかな風味で、手土産として重宝されています。

「よきやどり」とは、かつて後鳥羽上皇が吉舎艮神社で宿泊され「吉キ舎リ」と宣言されたことに由来するそうです。

1個 151円(5個入り756円、10個入り1728円、20個入り3,240円)

パンの製造は平日のみ。菓子パンや食パンなど、常時20種が並びます。

火曜と金曜に数量限定で販売されるシュークリーム。早い者勝ちの人気スイーツです。地元の人を中心ににぎわう後藤ベーカリー。

パンやシュークリームが次々に売れていき、「山の芋まんじゅう」「よきやどり」を包装してほしいという人や、餅の注文に来る人などもやってきます。

手土産や贈答品を買うならここ!地域の人たちの生活に息づく、大切なお店となっています。

Information

店舗名 後藤ベーカリー
所在地 三次市吉舎町吉舎374-1
営業時間 8:00~19:00
電話番号 0824-43-2023
外観写真