【三次市三良坂町】国内外のさまざまなコンテストで受賞 三次市三良坂町のチーズ工房|三次市観光 Walk @round Miyoshi(三次観光推進機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

お問い合わせフォームへのリンクボタン

【三次市三良坂町】国内外のさまざまなコンテストで受賞 三次市三良坂町のチーズ工房

【三次市三良坂町】国内外のさまざまなコンテストで受賞 三次市三良坂町のチーズ工房

Pocket

Pocket

三良坂フロマージュ

住所/三次市三良坂町仁賀1617-1   電話番号/0824-44-2773

人工飼料を与えず、自然の草のみを食べて、のびのびと自由に過ごす牛やヤギ。一日一回、搾乳した新鮮なミルクを使って作るチーズが人気の「三良坂フロマージュ」(三次市三良坂町)へ出掛けてみませんか。

三良坂フロマージュの朝は、搾乳から始まります。朝7時半、オーナーの松原正典さんは、搾乳室で牛の搾乳中。「季節、気候により、牛たちが食べる草の種類が違うので、ミルクの質も変わってきます。季節ごとの味の違いも楽しんでほしいですね」

昼前になると、松原さんは、牛やヤギを山に放牧。待ってましたとばかりに、まずはブラウンスイス種の牛9頭がゆっくりと山を上がっていきます。

続いて、アルパイン種のヤギ30頭が、跳ねるようにして山へ。ヤギたちは、松原さんの姿を見ると、囲むように集まってきます。こんなにたくさんのヤギがいても、毛の色などで見分けが付くのだそう。いかに大切に飼育しているかが分かります。松原さんの飼育方法は、開墾した山に牛やヤギを放牧し歩かせて育てる「山地酪農」。現在、広島県内にも少しずつ増えている酪農スタイルです。

店舗に併設する工房では、毎日さまざまなチーズの製造が行われています。この日は人気の「カチョカバロ」を製造中。

ショップでは、さまざまなチーズが販売されています。2015年、フランス国際チーズコンクール シェーブル 金賞、2016年、JAPAN CHEESE AWARD 非加熱圧搾4か月未満 金賞&最優秀部門賞など、国内外のさまざまな賞を獲得している三良坂フロマージュのチーズを、ぜひ味わってください。

ショップでは、ソフトクリームも販売されています。「ヤギのソフトクリーム」「ヤギミルク ベルギーチョコソフトクリーム」「ヤギミルクとベルギーチョコのミックスソフトクリーム」各400円。「ヤギを見に来ました」と話す近くの大学生たちも、ソフトクリームを味わっていました。

酪農家を志し、海外で修業

大阪育ちの松原さん。高校卒業後に就職も考えましたが、両親の勧めもあり、歴史のある庄原農業技術大学校に進学しました。そこで、「体を使って、ダイナミックな仕事がしたい」と思い、酪農を専攻。「アルプスの少女ハイジのようなイメージを抱いていましたが、現実は、畳一畳ほどの狭い畜舎で立って座って乳を出すだけの牛の人生に疑問を持ちました」と、当時を振り返ります。卒業後は、一年間酪農ヘルパーを経験したのち、「国際農業社交流協会」の酪農研修プログラムを使って、アメリカへ2年間研修に。

始まりは1軒のチーズ工房

「一生懸命働きましたね。大変でしたが、家族全員で酪農という一つのことに励み、牛たちも一緒にいる生活って素晴らしいなと思いました」

その後、オーストラリアに1年半滞在し、1,000頭の牛のいる巨大牧場で働く中で「牛は飼料を食べて乳を搾り取られ、4~5年くらいしか生きられない。牛はもっと生きるはず」と感じ、「初心に返って、動物たちが幸せな酪農をしよう」と決意します。帰国後、四国にて「山地酪農」を学び、庄原市で林業の技術も習得。ヨーロッパで1カ月間チーズの技術を学んだのち、2004年に現在の店舗のほど近くにあった喫茶店をリニューアル。チーズ製造許可を取り、「三良坂フロマージュ」をオープンさせました。

受賞を機に、念願の酪農事業を始める

2005年に「オールジャパンナチュラルチーズコンテスト」でモッツアレラが優秀賞を受賞したことが大きな転機に。あちこちから注目され、銀行の融資が受けられたのです。土地と重機のほか、アルパイン種の山羊を6頭、ブラウンスイス種の子牛を1頭、購入。ここからが、三良坂フロマージュの「山地酪農」のスタートでした。

「食べるものが草だけだと、ミルクはあまり出ません。普通は1日に2・3回搾乳するところ、うちは朝の1回のみ。収量は少ないですが、味が全然違うんですよ。少量でも価値を感じてもらえるよう、大切に加工して販売しています」

動物たちが幸せな酪農スタイル「山地酪農」を広めたい

「今後は、まだとっていないコンテストの1位を狙いたいですね。トップになりたいという強い思いがあるわけではなく、受賞して注目してもらえることは、私がやってきたことが正しいという証明になるからです。いろんな人に三良坂フロマージュを知ってもらい、動物たちが幸せな酪農スタイルを真似してもらいたい、広めてもらいたいのです。もちろん、やる気のある人たちのチャレンジは、心から応援したいです」と、人材の育成にも積極的です。

「幼い頃から、年に2回は帰省していた三次市は、とても住みやすく、酪農に適していて、ここに拠点を構えてよかったと思っています」と話す若き酪農家は、三次市の酪農の未来をしっかりと見据えています。

Information

店舗名 三良坂フロマージュ
所在地 住所/広島県三次市三良坂町仁賀1617-1
営業時間 10:00~16:00
お休み 日曜
電話番号 0824-44-2773
外観写真