Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

名物「とり足」で他地域も巻き込んで盛り上がりを作る焼き鳥店

お問い合わせフォームへのリンクボタン

gift-goods

名物「とり足」で他地域も巻き込んで盛り上がりを作る焼き鳥店

Pocket

Pocket

鳥小屋

住所/三次市十日市中3-13-5  電話番号/0120-62-2948

 

地方発送や他店と協力したイベント開催にも積極的に取り組む、人気焼き鳥店『鳥小屋』。3代目店主にあたる大岩豊さんは、店を継いで20年になります。先々代から伝わる味を守りながら、自らが得た技術や知識を生かし日々奮闘。「他地域とのつながりを作りながら地元に盛り上がりを」という思いで店を営んでいます。

がっしりした体格に男らしい笑顔が印象的な大岩豊さんは、ここ『鳥小屋』の3代目店主です。もとは祖母の友人が始め、その後母が継ぎ、現在は大岩さんが腕を振るいます。看板メニューは備長炭を使った炭火焼き鳥。炭火ならではの香ばしい香りと熱気が、店の中に満ちています。

十日市小学校、十日市中学校、三次高校を卒業した大岩さんは生粋の三次っ子。体育の教師を目指し、大阪の体育大学に進学します。その一方、店を継ぐこともちらりと頭の片隅にありました。ある時、実家へ帰省した際、店の焼き鳥を大阪の友人に手土産として持ち帰ったそう。「これ、美味しいね!」と喜んでくれる友人の笑顔が嬉しく、やはり店を継ぐのもいいかもしれないと素直にそう感じたと言います。

大学卒業時には迷いも消えて、三次に帰郷。すぐに店に入り修業を始めましたが、体育大学の卒業を知ったかつての恩師から「人手が足りないので学校に来てほしい」と声をかけられ、昼間は臨時採用の体育教師として二足のわらじで頑張ったそうです。「忙しかったけれど、やりがいはありました。どちらも好きな仕事なので」。当時から20年、今、大きくなった生徒たちが我が子と一緒に店を訪れてくれることもあり、そんな姿を見るのも大岩さんの楽しみのひとつでもあると言います。

店での修行と臨時採用の体育教師の掛け持ちを3年続け、その後はあらためて酔心調理専門学校で料理の基礎を学び直した大岩さん。店のメニューには代々受け継がれてきたレシピをもとに、大岩さんが学んだ技術が随所に生かされています。一番人気の「とり足」は、親鳥に塩をもみこんで一晩寝かせ、蒸して適度に脂を落とし旨味を凝縮。炭火で皮はパリっと身はジューシーに仕上げています。また、軟骨入りでコリコリとした食感の「つくね」も、食べ応え抜群。三次産の卵黄を絡めてマイルドに味わうことができ、「お酒のおともにぴったり」と好評です。「焼き鳥の楽しみ方は色々ですが、少しずつ色んな部位が味わえるのがいいですよね。地元素材の料理に地元産のお酒を合わせるのもおすすめですよ」。

地域や店によって違いのあらわれる焼き鳥を食べ比べして盛り上げることができたら…そんな思いで、大岩さんは他店と協力したイベントも手がけています。「全国焼き鳥協議会のつながりで、各地の特徴ある焼き鳥を他店舗で提供する、という取り組みを1カ月間行いました。うちでは北海道旭川市『ぎんねこ』さんと、香川県丸亀市『ふじむら』さんのものを出しました。お客様にも好評だったので、ぜひまた開催したいです」。

美味しさをそのまま閉じ込めた真空パックは地方発送ができるため、同イベントでは他地域で『鳥小屋』のとり足が提供されたのだそう。「うちの味を誰かがどこかで知って、盛り上がってくれたら嬉しいですよね。うちがよその店の味で盛り上がったみたいに」。その言葉には“誰かを喜ばせたい、笑顔にしたい”という大岩さんの温かな人柄がにじみ出ています。「うまく言えませんが、三次は自分にとって場所的にも心情的にも“ふるさと”なんです。お祭り、スポーツ大会、大人たちが地域の行事を作り、関わらせてくれたことでできた楽しい思い出がたくさんあります。今度は自分たちが、今いる子どもたちに同じような思い出を作ってあげられたら。地元のイベントに積極的に参加し盛り上げていく一方、物産展や地方発送にも力を入れて外部とのつながりも作っていきたい。焼き鳥を通して、賑わいづくりの手助けができればと思います」。

店の入口は向かって右側から入るとお座敷に、左側から入るとカウンターにと、ちょっと変わった作りになっています。「一人で楽しみたい人も、家族で気兼ねなく寛ぎたい人も、どちらも大歓迎。用途に合わせてお使いください」。そんなこまやかな気遣いを感じる『鳥小屋』には、ぜひ訪れてみたいと感じさせる魅力がたっぷりと詰まっています。

Information

店舗名 鳥小屋
所在地 三次市十日市中3-13-5 
営業時間 17:00~23:00(フードLO22:00、ドリンクLO22:30)
お休み 日曜
電話番号 0120-62-2948