緑の暖簾、古風な大将、 初めて訪れても懐かしさを感じる、馴染みやすいお店 | Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト)

緑の暖簾、古風な大将、 初めて訪れても懐かしさを感じる、馴染みやすいお店

お問い合わせフォームへのリンクボタン

food-goods

緑の暖簾、古風な大将、 初めて訪れても懐かしさを感じる、馴染みやすいお店

Pocket

お食事処 たつ膳

住所/広島県三次市三次町1573 □TEL/0824-62-5517 □営業時間/11:00~14:00・17:00~22:00 □定休日/火曜

みよし本通りの中で緑の暖簾が優しくなびいているお店が「たつ膳」です。ちょっぴり古風な雰囲気が世代を超えて「落ち着ける」と人気のお店です。しっかりした衣が人気のとり天や、気になる「あれ」というメニューで、常連でなくても毎日通っているかのように食事を楽しませてくれます。カープ好きな大将がコレクションをしているカープ手拭いが毎年増えているところもポイント!ゆっくりじっくり、三次町の雰囲気に溶け込んでみてください。

大分出身の大将は、小学~高校まで三次町で育ち、ホテルでの洋食作りなど経験を経て、2012年に三次町に戻り、現在のお店をオープンされました。店名は、以前ここにあったお店の名前から「膳」をもらい、大将の名前と合わせて、「たつ膳」と名付けられています。

「元気で仕事ができていることが幸せ」と語る大将。その穏やかな笑顔と、歴史や人の想いも大切にされる人柄が、出てくるお料理の温かさに表れています。

カープファンの大将がコレクションしているカープ手拭いが、お店の壁に毎年1枚ずつ増えていて、お店の歴史もカープと共に刻まれています。ちょっぴり古風で落ち着ける、「たつ膳」で三次町の食事を、ぜひ楽しんでください。

人気の鶏天は、大将が大分出身ということでメニューに入っているそう。しっかり味のある衣はこだわりのレシピでつくられているそうで、味わいの満足度が高いです!

海鮮料理や、かつ丼などが人気の中、注目はお料理に添えられる付け合わせなどのお野菜です。そのほとんどに地場野菜が使われていて、広島の旬を感じることができるだけでなく、ホテルでの洋食作りの経験を持つ大将の腕にかかると、付け合わせの野菜たちも色鮮やかで形も盛り付けも整った懐石料理のように輝いています。

鍋焼きうどんや親鳥の塩焼きも人気メニュー。焼き魚やラーメン、ちゃんぽんなども、その日に材料があれば作ってくれるという柔軟さもうれしいポイントです!

一番気になるメニューの「あれ」は、その日のとっておきのお料理たちが1皿に綺麗に盛り付けられて出てきます!たつ膳のオリジナルラベルの焼酎をたしなみながら、「あれください」と言って、常連の気分も楽しんでみてください。

■鶏天定食 800円 ■刺身定食 1000円 ■あれ 900円 ■天麩羅定食 1000円
■鍋焼きうどん 700円、 その他多数。
☆毎日変わる「あれ」は、その日のとっておきの7品が盛り付けられた一皿が出てきます。
▢カウンター:6席 ▢テーブル:12席

Information

店舗名 お食事処 たつ膳
所在地 広島県三次市三次町1573
営業時間 11:00~14:00・17:00~22:00
お休み 火曜
電話番号 0824-62-5517