Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

多数の仏像が安置された石洞窟

お問い合わせフォームへのリンクボタン

spot

多数の仏像が安置された石洞窟

Pocket

Pocket

高幡山観世音(高幡観音)

住所:広島県三次市君田町櫃田

 

三次市君田町を代表する「高幡山」の頂上近くにある岩屋と、その周辺に置かれた石像を総称した場所。

標高665メートル、9合目付近に観世音菩薩を安置する巨大な石洞窟があり、洞窟内には不動明王や阿弥陀如来など35体の仏像、入口には三面観音、岩屋の上に翼をもった天狗の像、など5体の仏像が安置されています。この洞窟観音堂は、鎌倉時代以前の真言宗が繁栄をした時代があったと推測されています。

洞窟前には「山伏の呼び岩」と言われる岩があり、食料がなくなった時には、山伏がこの岩の上からほら貝を吹いたといわれています。昭和初期に、竹下某という法師がこの洞窟内に移住し、奇特な霊視、祈祷をすると言うことで、遠近からの参拝者も多く、洞窟内外へ多数の石仏が寄進されました。

東山林道からの山道には、石仏が100体並べられ参列者や登山者の安全を見守っており、毎年11月上旬には地域住民の協力により、山道入口で「秋季大祭」を催しています。

Information

スポット名 高幡山観世音(高幡観音)
所在地 広島県三次市君田町櫃田
ホームページ https://miyoshi-kankou.jp/?p=4189