Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト)|広島県三次市

“地域に根差したホテルに”。同じ思いを持ち見事な連携で接客

お問い合わせフォームへのリンクボタン

stay

“地域に根差したホテルに”。同じ思いを持ち見事な連携で接客

Pocket

Pocket

三次グランドホテル

住所/三次市十日市南1-10-1 電話番号/0824-63-3111

 

さまざまなタイプのある客室、品格漂うチャペル、ティーラウンジにレストラン。『三次グランドホテル』の魅力は数え上げればきりがありませんが、中でも「人が一番の魅力」と池田支配人は話します。その言葉の意味を、レポーターの塩谷野乃花さんが探ります。

東広島市西条にも姉妹ホテルを持つ、伯和グループが運営する『三次グランドホテル』。8階建ての建物は三次のランドマークとして親しまれており、客室以外にも大ホールやレストラン、ミーティングルーム、結婚式場までを備えた三次を代表するホテルの一つです。三次駅から徒歩15分、三次ICから車で3分という好立地にあってビジネスの拠点に最適な面と、市内のイベントとコラボした宿泊プランを打ち出した観光拠点に最適な面、双方の顔を持ち併せています。ここで支配人を務める池田美咲さんは、「なんといっても人が魅力のホテルだと思います」と話します。13年前に入社し、事務をメインの仕事としていた池田さんは、前総支配人が少しずつ地域とWin-Winの関係を作り、地元の盛り上げ役として頑張っていたのを近くで見ていたそうです。

「今でこそ観光とセットになったプランがある程度浸透していますが、当初はビジネス面のほうが強いホテルでした。鵜飼船の乗船場でお土産物を取り扱ったり、船上で食べる仕出し弁当を作ったり、はたまた地域の桜まつりでブースを出したりして、少しずつホテルの知名度と地域に関わる方向性を作ってきました」。今では神楽公演鑑賞チケット付き宿泊プランや、霧の海や鵜飼ツアーとセットになった宿泊プランもあり、毎年予約を入れるリピーターがいるほど。「地域と共に歩むホテルでありたいという前総支配人の思いは、スタッフ皆が共通で持ち続けています。だからこそ、うまく連携が取れているのかもしれません」。

ティーラウンジで接客する青木香菜子さんは、「ゆったりとした空間やラグジュアリーな雰囲気がホテルならではの魅力」と言います。ドリンクやデザートセットで寛ぎの時間を過ごすのにぴったりで、Wi-Fi環境も整っているため、ビジネスマンの利用も多いそうです。現在は新型コロナウイルス対策のため、飛沫感染を防ぐ仕切りを設置し、席の間隔をあけているのも嬉しい心遣いです。

また、本来ビュッフェスタイルが好評のレストラン『シャトーブリアン』では、カマスの唐揚げに小鉢や刺身が付いた豪華な和食膳、牛肩ロースがメインの洋ランチなどを提供しています。サブマネージャーの上岡健さんは、「ホテルらしい距離感を保って接客にあたっています。密になるのを防ぐためビュッフェは中止していますが、現在提供中のランチもボリュームがあっておすすめですよ。ビュッフェを再開するまで、ぜひ楽しんでください」と笑顔を見せます。ほかにも唐揚げ膳(1,000円)やハンバーグランチ(1,000円)、特製カレー(900円)があり、ホテルメイドのクオリティながら手頃な価格もポイントです。いずれのメニューもドリンクバー付きなので、食後のおしゃべりに花が咲くお客様も多いのだそう。

宿泊を利用する場合は、2階のフロントでまずは手続きを。マネージャーの土釜あゆみさんとスタッフの山本理奈さんは、「いろいろなタイプのお部屋があるので、用途に合わせてお使いください」と話します。上層階から見下ろすと眼下にはJR芸備線の線路が、北側の窓の向こうには三次市内が一望でき見晴らしも抜群です。「ご家族でご宿泊のお客様にはお子様用のアメニティを用意したり、海外からのお客様でベッドが狭い場合は足置きを付け足したりと、できる限りのサービスを心がけています。何なりとご用命ください」。

宿泊も休憩も利用者の多いホテルですが、もうひとつ注目したいのがウエディング。

ウエディングプランナーを務める井上夏歩さんは「品位のあるホテル挙式でありながら、地元密着の温かさもあるウエディングが叶います。当館で挙式をお考えのお客様は、ぜひブライダルフェアにお越しいただきたいです」とほほ笑みます。実はこのブライダルフェア、昨年11月に開催された際に大変な反響を呼び、数々のメディアで取り上げられました。「フェアはブライダル担当だけでなくホテルのスタッフ総出で行ったんです。模擬挙式の牧師さん役や新郎新婦役、その両親役は、すべてホテルのスタッフや知り合いの人たちが務めました。アットホームな演出で親しみが持てた、イメージを思い描きやすかったというお声をたくさん頂戴したんですよ」。当日はネイルアートやキャンドル作りのワークショップも開催され、かなりの盛り上がりを見せたといいます。「フェアまで待てないという人は、不定期で開催しているチャペルコンサートに参加していただけたら。ドレスが最も美しく見えるように設計されたバージンロードなど、チャペルの雰囲気がリアルに伝わると思います」。

それぞれのスタッフが、それぞれの持ち場で活躍する三次グランドホテルは、各所が異なる仕事を担当しながら不思議なチームワークで繋がっています。「最初に述べた通り、私たちの先輩方が築き上げてきた“地域に根差したホテル”という意識が、全員に行きわたっている証拠だと思います。ぜひ、実際にお越しになって真心こもった接客を体感していただけたら嬉しいです」と、池田支配人。“私たちが思いを込めた、最高のサービスを”―三次グランドホテルが掲げるコンセプトそのままのおもてなしを、きっと誰もが感じられるに違いありません。

Information

店舗名 三次グランドホテル
所在地 三次市十日市南1-10-1
ホームページ http://www.miyoshi-grandhotel.com
料金 シングル6,000円、デラックスシングル7,800円、ダブル11,500円、ツイン12,500円、 デラックスツイン30,000円、シングル6泊7日連続泊35,000円
営業時間 チェックイン14:00 チェックアウト11:00
お休み なし
電話番号 0824-63-3111