レトロとモダンが混ざる 和菓子のお店 Japanese Sweets Shop 風季舎 昌平本家 | Walk @round Miyoshi(みよし観光まちづくり機構公式ウェブサイト)

レトロとモダンが混ざる 和菓子のお店 Japanese Sweets Shop 風季舎 昌平本家

お問い合わせフォームへのリンクボタン

gift

レトロとモダンが混ざる 和菓子のお店 Japanese Sweets Shop 風季舎 昌平本家

Pocket

風季舎 昌平本家

住 所/広島県三次市三次町1534ー1 T E L/0824-62-2037 営業時間/9:30~18:00 定 休 日/1月1日

明治の創業から地元の人たちに愛される和菓子を作り続けてきた「渡辺精進堂」。その販売店として三次町の石畳の通りに、品良くたたずむルネサンス調の建物の中に「風季舎昌平本家」があります。創業当時から備北の素材を使った、ここでしか食べられない備北の美味を作り続けられている、三次町の老舗です。

シンプルでいて
華がある
和菓子に惹かれています

「洋菓子の見ための華やかさも好きですが、和菓子の曲線や味のスッキリ感と上品さが、シンプルな中に華があって好きです。」と語る和菓子チーフの坂井康二さん。食材の美味しさをお菓子にした時に、満足のいくものができるまで半年も試作を重ねることもあるそう。50品目ほどある季節を表す上生菓子や、どら焼きの生地のふんわり感と餡の舌触り、そしてすっきりとした甘みが一番の自信作で、「自分が美味しいと思うお菓子」の探求を続けられています。

地元の食材を使って、
安心、安全な和菓子づくりを続けることで、
地元と一緒に時代を歩いています

ずっと変わらない
三次の人たちの
思い出の銘菓

明治40年の創業した同じ時代から変わらない製法で作り続けられている「泡雪まんじゅう」や「くるみ餅」。何十年たっても変わらない味に、「これこれ!子どもの頃に食べていたお菓子」と言って買って行かれる方も多く、風季舎昌平本家の和菓子は、人々の思い出に色濃く残る存在になっています。

広島の備北地域は
美味しい素材が多い

地元の旬を迎えた食材を使って、季節ごとに様々なバリエーションのお菓子がお店に並びます。食材の美味しい時季がくると販売が始まり、仕入れが終われば販売が終わる、そんな日にちに決まりのない限定商品に、地元の人たちは「もうこんな季節になったのか」と、和菓子に教えられています。

ここでしか味わえない
風季舎 昌平本家の味わい

店内にある和菓子などは、お店のcaféコーナーで食べることができます。1932年に広島銀行として建てられたルネサンス調の建物は、当時の雰囲気が残っていて、店内でコーヒーと和菓子を味わっていると、まさに昭和初期のレトロモダンな時代にいるよう。コーヒーはもちろん、エイコーンズさんの昌平本家オリジナルブレンド。三次町の石畳の通りを町歩きしている途中で、美味しいコーヒーと和菓子をたしなむ時間が充実感を満たしてくれます。

店内caféコーナー
ホットドリンク
コーヒー・紅茶・緑茶  350円(税別)
(おかわり自由)

アイスドリンク
オレンジジュース 250円(税別)
コーラ 250円(税別)
ウーロン茶 250円(税別)

Information

店舗名 風季舎 昌平本家
所在地 広島県三次市三次町1534ー1
営業時間 9:30~18:00
定休日 1月1日
電話番号 0824-62-2037